のんびり写真館

アクセスカウンタ

zoom RSS 故障とDIY:プリンターMP560にB200の表示が

<<   作成日時 : 2016/07/14 14:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月、娘からキャノンプリンターM560にB200の表示が出て、「プリンタートラブルが発生しました 電源プラグを抜いて修理受付窓口へ修理をご依頼ください」と表示されており、修理に出すと1万円ほどかかるらしいので修理できるか見てほしいと言って来ました。
画像

とりあえず、ネットで「M560でB200の表示が」と検索してみると、キャノンプリンターでB200の表示が出て、ご自分で直している方のブログがたくさんありました。ほとんどがプリントヘッドの洗浄で直っているようです。
今回の修理は、下記の3つのブログを参考にさせていただきました。
ブログ@ http://55life555.blog.fc2.com/blog-entry-1224.html
ブログA http://kys-blog.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/canonmp630b200-.html
ブログB http://ameblo.jp/jasonl/entry-11152050118.html
ブログ@は、M560ですが、プリントヘッドを洗浄しても駄目だったようです。
ブログAは、M630で型番が異なりますが、洗浄により復活しています。
ブログBは、M540で型番は少し古いですが、洗浄と本体を少しいじることにより復活しています。

私の場合、結論から言えば、プリントヘッドを洗浄しましたが、修復できませんでした。ヤフオクにて中古のプリントヘッドQY6−0073を1600円で落札購入して復活しました。

詳細に修理の手順を紹介します。
@まず、プリントヘッドの取り外しです。
M560でB200が表示される場合、プリントヘッドは手動で移動できるようです。インク交換位置まで移動させ、インクタンクをすべて外します。
プリントヘッドが奥に見えています。
画像

手前にU字の把手がありそれを上に挙げます。プリントヘッドの両端を持ち、手前に引っ張ると外すことができます。
画像

プリントヘッドを外した状態です。
画像

U字の把手を元に戻します。
画像

Aプリントヘッドの洗浄
皆さんがやっておられるように、60℃のお湯を使いました。蛇口から60℃のお湯に5分間浸しながら流し、その後60℃のお湯の中に3時間浸けました。これを3回繰り返しました。その後、手で持って振って水分を払い、約6時間自然乾燥させました。
洗浄後のプリントヘッドです。非常にきれいになりました。
インクタンク側です。
画像

ノズル側です。
画像

このプリントヘッドをM560に装着しました。インクは装着しませんでした。結果はB200と表示され修復されませんでした。

次にしたことは、プリントヘッドのノズルのある面を固定しているネジ2ヶ所を外し、少しばかり力を入れて固めにくっ付いているノズル部を外し、中のゴムパッキンを外しました。この状態で、流れている60℃のお湯に5分間浸しながら流し、その後60℃のお湯の中に3時間浸けました。中に入り込んでいたインクが少し取れました。同じようにして乾かし、元の状態に戻して試しましたが、結果はB200という表示が出て駄目でした。
画像

画像

また、プリントヘッドを装着せずに電源スイッチを入れると「プリントヘッドが装着されていません ・・・・」という表示が出ますので、カバーを開けてプリントヘッドを装着しましたが、結果は同じでした。
画像


プリントヘッドの故障ではなく、本体の故障の可能性も考えて
B本体の右側を解体
本体の右側の後面のネジ2ヶ所を外します。次に左側を下にして立てます。本体の裏面の引っかけの穴2ヶ所にマイナスドライバーを入れて引っかかりを外します。前面側が固いのですが、少し力を入れて上方(手前?)に引っ張るとパネルが外れます。
画像

ブログBに書いてありますとおり、3ヶ所の配線が見えます。右側の配線はロック付きのコネクターに挿しこまれていますので、ロックをはずして抜きます。残りの2ヶ所はコネクターに挿し込んであるだけなので引き抜きます。右から順に1個ずつ引き抜きましたが、画面の表示は少し違います。
画像

3ヶ所の配線を外した状態です。
画像

画面の表示の例です。
画像

画像

3ヶ所の配線を元に戻し、プリントヘッドを装着せずに電源スイッチを入れたところ、起動時の画面が現れるようになりました。また、インク残量の表示も満タンとなっており、ブログBと同じ現象となっています。カバーを開けてプリントヘッドを装着すると、表示はB200となってしまいます。本体の分解前と異なるのは、起動時の画面が現れるようになったことです。
画像

カバー開閉の検知スイッチが中央右側に見えます。スイッチは上を向いており、そこにカバー側の突起があります。カバーを開けると降りてきてスイッチを押します。スイッチが入らないように、カバー側の突起を指で押さえていれば、カバーを開けても「カバーが開いています ・・・」という表示は出ません。
プリントヘッドを外した状態に戻し電源スイッチを切ります。再度、電源スイッチを入れ起動時の画面が現れたところで、カバーのスイッチが入らないようにカバー側の突起を指で押さえてカバーを開け、プリントヘッドを装着したところ、「プリントヘッドの種類が違います ・・・・」と表示されました。何回も試しましたが同じ結果です。ブログBはここで復活したのですが。
画像

B200の表示が消えて、起動時画面が現れるようになると、プリントヘッドは右端にいつも戻り手動で移動できなくなりました。サービスモードにすれば、プリントヘッドを移動させることができます。
サービスモードにするには、
@ストッブスイッチを押したままで、電源スイッチを押したままにします。
A電源ランプが点灯したらストッブスイッチを放し、ストッブスイッチを2回押します。
B押したままの電源スイッチを放します。
C画面に「Service Mode」と表示され、少し経って「Idle」と表示されます。しばらくすると、プリントヘッドがインク交換位置まで移動します。

残念ながら、まだプリントヘッドの故障か、本体の故障か判別できません。ペリントヘッド不良の確率は高いのですが。
M560のプリントヘッドQY6-0073は、ヤフオクで、ジャンク品として1600円〜3000円ぐらいで出品されています。ジャンク品なので落札購入しても使えるかどうかわかりません。

プリントヘッドを落札するか迷っている所に、上の娘から「HP(ヒュレットパッカード)のB110プリンターが壊れた。家にプリンターが余ってない?」と言って来ました。それならば、M560の動作品をヤフオクで落札購入して、壊れているM560に、動作するプリントヘッドを入れて確認すれば良いかと思い、ヤフオクにてインク満タンの動作品を4000円(別に送料約1000円)で落札購入しました。インク満タンの動作品が4000円とは非常に安いです。
左側が故障品、右側がヤフオクの落札品
画像

動作品M560のプリントヘッドを外して、故障品M560に装着したところ、動作しました。これで故障品M560はプリントヘッドが不良であることがわかりました。この後も不良プリントヘットを何度も洗浄しました。最後には、油汚れを取る台所用強力ルックの原液にプリント板が浸からないようにして浸しましたが復活しませんでした。

ヤフオクにて、プリントヘッドQY6-0073を落札して修理を完了したいと思います。先に書きましたように、ヤフオクでジャンク品として1600円〜3000円ぐらいで出品されています。動作を保証していませんので使えるかどうかわかりません。(新品は約5000円ぐらいから出品されています) 気長に動作品で安いプリントヘッドの出品を待ちました。そしてとうとう出ました、「とことん洗浄した動作品です」と謳ったものが出品され、1600円で落札購入しました。左側が故障品、右側が今回落札したプリントヘッド どちらも同じようにきれいです。
画像

画像

このプリントヘッドを装着したら、きちんと動作しました。
2台にかかった費用は約6000円で少し高くなってしまいました。でも、これでM560を2人の娘に1台ずつ渡せます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
故障とDIY:プリンターMP560にB200の表示が のんびり写真館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる